大分県立美術館「コレクションに見る日展に集う作家たち」

  • エリア: 大分市
  • ジャンル: 芸術・文化・街並
お気に入りに追加する
  • 江藤純平《オリーブと海》1978年 大分県立美術館

    江藤純平《オリーブと海》1978年 大分県立美術館

  • 藤本東一良《ノルマンディの浜》1976年 大分県立美術館

    藤本東一良《ノルマンディの浜》1976年 大分県立美術館

開催期間 2016年5月18日(水)~6月5日(日)
開催地 大分県立美術館(大分市寿町2番1号)
問い合わせ 大分県立美術館
097-533-4500
ホームページ http://www.opam.jp/exhibitions/detail/101
二次元バーコード バーコードを表示する
LINEで送る

紹介文

明治40(1907)年に創設された文部省美術展覧会(文展)をその始まりとする日展は、百年を超える歴史の中で多くの才能あふれる作家を世に送り出し、常にわが国美術界をリードしてきた総合美術展です。大分県からも数多くの美術家がここを舞台に活躍し、確かな足跡を残してきました。
本展では、日本画の岩澤重夫、正井和行、洋画の江藤純平、江藤哲、中山忠彦、陶芸の河合誓徳ら、日展の中枢を担った実力派の作家たちを中心にピックアップし、磨き抜かれた技と感性に裏付けられた、世界性に富んだ作品群を紹介します。

周辺イベント

Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.