豊後高田市グリーンツーリズム推進協議会

矢印

NPO法人 かまえブルーツーリズム研究会

宮崎との県境に位置する佐伯市蒲江(かまえ)は、リアス式海岸による天然の良港として、古くから栄えた地です。豊後水道と太平洋が交わる海は、新鮮な魚介類をもたらすとともに、独自の伝統文化と海の生業、おおらかな人の気質を育んできました。伊勢海老やうになど高級食材を使った郷土料理づくり、魚釣りや地引き網など、他ではできない体験を心ゆくまで楽しみましょう。


クリックでページに移動します タップでページに移動します

郷土料理作り体験
自然散策
農泊体験
漁村体験
まち歩き
竹細工体験

漁業をメインにアウトドアやマリンスポーツ、環境保全活動など屋内外で様々な体験ができます。伊勢海老のさばき方やウニ割り、真珠の核入れ、カヌーやシュノーケリングなど、ユニークな体験プログラムがあるのもポイント。また、蒲江の海と島々を見下ろせる高平山(たかひらやま)の展望公園では、山の自然観察や日帰りキャンプが可能です。

母なる海から元気をもらおう!

蒲江のお母さんたちをはじめ、漁村の人はとにかく明るくパワフル。人を笑顔にする達人ぞろいで、話すだけでも元気がわいてきます。蒲江の魚貝を知りつくしたお母さんたちが腕をふるう料理は、鮮度はもちろんおいしさも折り紙付き。ブリ、ふぐ、伊勢海老、ウニなど、旬の贅沢な味を堪能できます。郷土料理をたっぷり味わえる「おばちゃんバイキング」も人気です。

他の研究会一覧を表示 

宿泊先一覧

ページトップへ