特集

県北エリア

標高659メートルの八面山は、四方八方から見ても同じ形に見えるため「八面山」の名前がついたと言われている。また、遊歩道や登山道がありハイキングやトレッキングでも楽しめ、山頂付近まで車で行くことができるためドライブにも最適。
例年の紅葉見ごろ:11月上旬~下旬

中津市三光田口
JR中津駅より車 約40分/宇佐ICより車 約40分
中津市三光支所 0979-43-2050

八面山の山麓に広がる転作田を利用して作られる 三光コスモス園。(転作田を利用するため毎年場所が異なる)
約13ヘクタールの広さに約1,250万本ものコスモスが例年10月 下旬ごろから見ごろを迎え、それに合わせて開園される。

三光コスモス祭り: 例年10月中旬~11月上旬 
※2015年10月11日(日) ~11月3日(火・祝)
中津市三光 
※転作田を使用するため毎年位置変更あり
中津市三光支所 0979-43-2050

一年中色鮮やかな景観を見せてくれる深耶馬溪の代表的な景勝地・一目八景。群猿山、鳶ノ巣山、嘯猿山、夫婦岩、雄鹿長尾の峰、烏帽子岩、仙人岩、海望嶺などの周辺の岩峰群が一目で八景を一望できることから名づけられた。
また、一目八景展望台の川向こうには遊歩道が整備されており、一味違う景色を満喫できる。
例年の紅葉見ごろ:10月下旬~11月中旬ごろ

中津市耶馬溪町大字深耶馬
JR中津駅より車 約55分
/玖珠ICより車 約15分
/院内IC・安心院ICより共に車 約45分
中津市耶馬溪支所 0979-54-3111

八面山一帯に広がるみかん畑が黄金色に輝いて見えたことから名づけられた八面山金色温泉。
山の斜面に棚田状に配置された男女あわせて9つの露天風呂からは、木々の緑と爽やかな風を感じて入浴を楽しむことができる。

10:00~24:00 ※年中無休
600円(大人)/300円(子供・小学生)
中津市三光田口584−1
JR中津駅より車 約20分
/宇佐ICより車 約25分
/日田ICより車 約60分
八面山金色温泉 0979-26-8065

からあげ激戦区である聖地で開催される年1回のからあげ味比べ祭り。
県内からは、「からあげ専門店発祥の地」の宇佐市・「からあげの聖地」の中津市よりからあげ専門店が出店する大イベント。

★2015年9月20日(日)

21日(月・祝)

場所:イオンモール三光 特設会場

国道500号沿いの史跡『青の洞門』と『羅漢寺』の中間に位置する道の駅 耶馬トピア。
本耶馬溪の清澄な自然の中で育てられたそばのみを使用したグルメやそば打ち体験などそば三昧の駅。

10:00~16:30 ※木曜定休日
中津市本耶馬渓町大字曽木2193-1
宇佐ICより車 約35分
/JR中津駅より車 約30分
道の駅耶馬トピア 0979-52-3030

玖珠町と中津市の境に位置し、耶馬日田英彦山国立公園内の紅葉名所の1つ・鹿倉の景。
奇岩と紅葉が美しく遊歩道や展望台が整備されている。
例年の紅葉見ごろ:10月中旬~11月中旬

玖珠郡玖珠町森字鹿倉
JR豊後森駅より車 約10分
/玖珠ICより車 約15分
玖珠町観光協会 0973-72-1313

清水御門や風雅な茶室の栖鳳楼(せいほうろう)など、森藩ゆかりの史跡が点在し、桜と紅葉の名所として知られている。
※写真:三島公園内の紅葉
例年の紅葉見ごろ:10月中旬~11月中旬

玖珠郡玖珠町森858
玖珠ICより車 約3分
玖珠町観光協会 0973-72-1313

玖珠、耶馬溪沿線の豊かな自然に囲まれた温泉施設。 石作りの露天風呂には、黄金色の植物起源の有機質を含んだモール泉。 開放感のある露天風呂では、自然を楽しむことができる。

11:00~22:00(4月~10月)
/11:00~21:00(11月~3月)
玖珠郡玖珠町大字森5122-2
玖珠ICより車 約5分
湯の森くす 0973-72-6466

玖珠川流域の両岸約2キロにわたって断崖絶壁が直立にそそり立つ九酔渓。ヘアピンカープが続くこの渓谷は、別名『十三曲がり』と呼ばれる新緑と紅葉の名所。
例年の紅葉見ごろ:10月下旬~11月下旬

玖珠郡九重町大字田野
九重ICより車 約15分
九重町観光案内所九重“夢”大吊橋内 0973-73-3800

鳴子川渓谷の標高777m地点に架かる長さ390m、川床からの高さ173mでともに日本一の規模を誇る日本一の人道専用大吊橋。
橋の上からは日本の滝百選に選ばれた震動の滝などを見ることができ、シーズンには眼下に紅葉が広がる。
例年の紅葉見ごろ:10月下旬~11月中旬

玖珠郡九重町田野1208
500円(中学生以上)/200円(小学生)
九重ICより車 約25分
/湯布院ICより車 約40分
九重町観光案内所 九重夢大吊橋内 0973-73-3800

新緑・紅葉スポットとして有名な九酔渓内、県道40号沿いにある食事処・お土産処『桂茶屋』。
タヌキメイクとキツネメイクをしたスタッフさんが楽しく愉快に対応してくれる九酔渓内の名物スポット。

営業時間:8:00~18:00 ※無休
玖珠郡九重町田野947-5
九重ICより車 約20分
桂茶屋 0973-79-3744

原生林と清流の織りなす景観が心を洗う景勝地にある温泉。 男女別の展望露天風呂からは、九酔渓の自然が一望できる。
湯口では透明な湯が刻々と変化し、茶褐色のにごり湯になるのが特徴。
※写真:九酔渓温泉 ホタルと絶景の宿 つれづれ

11:00~22:00
500円(大人)/200円(小学生以下)
九重町田野953
九重ICより車 約15分
九酔渓温泉 ホタルと絶景の宿 つれづれ
0973-79-2615

飯田高原中央にある黄色の濁り湯の温泉。
巨石を置いた開放的な露天風呂からは、湯船につかりながら絶景のくじゅう連山をみることができる。
※写真:馬子草温泉 きづな

8:00~22:00 ※季節により変動あり
500円(大人)/250円(小学生以下)
九重町大字田野1666-124
九重ICより車 約30分
馬子草温泉 きづな 0973-73-3517


4
Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.