観光スポット検索

お気に入りリスト

一松(ひとまつ)邸(きつき城下町資料館内)

お気に入りに追加する
住所大分県杵築市南杵築193-1
お問い合わせ杵築市観光協会:0978-63-0100
ホームページhttp://www.kit-suki.com/tourism/index.php?action=story&sub_cat_id=3
二次元バーコードバーコードを表示する
LINEで送る

紹介文

一松邸は、杵築市の初代名誉市民となった一松定吉氏の邸宅で昭和32年に杵築市に寄贈され、その後は「一松会館」として市民の憩いの場として開放されていた。その後、市庁舎の移転に伴って杵築城と海を臨む絶景の場所(現在地)に移築されたもの。

一松氏は現在の豊後高田市にあたる美和村の出身。
杵築藩の剣術や槍術の指南役であった一松家の家督を継ぐ養子として入り、その後法曹界で活躍したあと政界に入り、第一次吉田内閣で逓信大臣、以降国務、厚生、建設各大臣を歴任。

その邸宅は、杉の柾目の一面坂を敷いた縁側、二条城二の丸御殿や日光東照宮外障や城、著名な寺や神社で特徴的に見ることができる格天井(ごうてんじょう)を客人用のトイレに施すなど、戸袋を減らすために雨戸をを直角に回転させる工夫を施した「回り戸」など機能的で合理的な技術は現在でも十分に通用する。

周辺スポット

アイコンの説明・・・
自然景観自然景観
歴史・神社・仏閣歴史・神社・仏閣
温泉温泉
インフォメーションインフォメーション
芸術・文化・街並芸術・文化・街並
レジャー・体験レジャー・体験
テーマパークテーマパーク
物産・道の駅物産・道の駅
グルメ・飲食店グルメ・飲食店
Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.