観光スポット検索

お気に入りリスト

宮迫東石仏

お気に入りに追加する
住所大分県豊後大野市緒方町久土知
お問い合わせ一般社団法人ぶんご大野里の旅公社
0974-35-3601
ホームページhttp://sato-no-tabi.jp/
二次元バーコードバーコードを表示する
LINEで送る

紹介文

中央に大日如来、その向かって右には不動明王、左に持国天が立っており、さらにその左右には吽形・阿形の仁王の立像があります。仁王の左側には二基の磨崖宝塔が刻まれて、中尊は地元では大日如来と呼ばれています。不動明王は頭髪・衣文は朱色、肉身部は黒色で彩色され、持国天は朱色と黄色で彩色されています。中尊の後壁には、舟形光背が朱色と黄色、不動明王と持国天の後壁には火焔光が描かれており絢爛な仏画としての一画を示しています。これらの石仏からは、平安後期の作風が感じられますが、豪放な造形と地域色の強い容姿から鎌倉時代に造顕されたと考えられます。
中尊の左右前方に天保十年(1839年)正月八日寄進の石燈籠一対があります。正月八日は初薬師の当日であるから、昔は薬師如来として信仰されていたことが、これによって分かります。
500mほど離れた所には、宮迫西石仏があります。

●国指定史跡・昭和9年1月22日指定

周辺スポット

アイコンの説明・・・
自然景観自然景観
歴史・神社・仏閣歴史・神社・仏閣
温泉温泉
インフォメーションインフォメーション
芸術・文化・街並芸術・文化・街並
レジャー・体験レジャー・体験
テーマパークテーマパーク
物産・道の駅物産・道の駅
グルメ・飲食店グルメ・飲食店
Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.