観光スポット検索

お気に入りリスト

大迫磨崖大日如来坐像

お気に入りに追加する
住所大分県豊後大野市千歳町長峰字
お問い合わせ一般社団法人ぶんご大野里の旅公社
0974-35-3601
ホームページhttp://sato-no-tabi.jp/
二次元バーコードバーコードを表示する
LINEで送る

紹介文

この大日如来は高さ3.2mの磨崖仏で希有の巨像です。室町時代天保二年(1533年)頃日羅の作と伝えられています。壁岸に大まかな像を刻みだしその上に麻などの繊維を混ぜた粘土を厚さ15cmから20cmほど塗って表面を仕上げた珍しい造りです。とりわけ顔の大半は粘土で覆われ独特の表現をしています。現在の塑像は江戸時代に修造されたそうですが、その顔には大野地方に勢力をふるった緒方・大野氏が滅んだ後の霊がこめられているとも言われています。社の近所の笹を牛に食べさせると牛の病気よけてなると、古来より牛神として地方の尊信を集めています。
【参考文献】:三重町観光協会理事研修資料

●県指定有形文化財:昭和51年3月30日指定

周辺スポット

アイコンの説明・・・
自然景観自然景観
歴史・神社・仏閣歴史・神社・仏閣
温泉温泉
インフォメーションインフォメーション
芸術・文化・街並芸術・文化・街並
レジャー・体験レジャー・体験
テーマパークテーマパーク
物産・道の駅物産・道の駅
グルメ・飲食店グルメ・飲食店
Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.