グルメ

魚介

関あじ・関さば

大分市佐賀関

速吸の瀬戸と呼ばれる豊予海峡の急流に育ったアジ・サバ。魚自体が持つ品質の高さはもちろん、魚を傷めない一本釣りという漁法や面買いと言う独自の取引方法、活けじめによる鮮度の保持等厳格な品質管理を行い、今や全国にファンを持つ大分の「関もの」となるのです。 大ぶりで脂が程よくのっているのに、身がしまり歯ごたえも味も抜群!大分で食べるなら、是非お刺身でその新鮮さを味わって下さい。

りゅうきゅう

大分市 日豊海岸地域等

大分の海でとれた新鮮な魚をおろして、しょうゆやみりん、酒などで作った調味液にねぎやしょうが、ごま等の薬味と一緒に浸け込み、しばし馴染ませれば完成。そのまま酒の肴にするも良し。あつあつの白ご飯に乗せて食べるも良し。更にお湯やお茶を加えて、お茶漬けにするも良し。手軽で豪快な漁師料理です。その名の由来には諸説あるものの、現在では県外でも知られ、大分を代表する郷土料理の1つです。

城下かれい

日出町

暘谷城跡が臨む城下付近の海域で獲れる為、その名がついています。別府湾で湧く真水と海水が育むマコカレイは、泥臭さがなく、身のしまった淡白な味は江戸時代には庶民が食べることを許されなかった「殿様魚」と呼ばれるに相応しい逸品です。日出町内の飲食店や旅館でも食べる事ができますが、毎年5月に行われる「城下かれい祭り」では、格安の値段(数量限定)で味わうことができます。

ハモ料理

中津市

豊前海に面した中津市では、新鮮なハモを年中楽しむことができます(旬の時期は夏と冬)。ハモはその栄養価の高さにもかかわらず、全身に広がった小骨に料理法は困難を極め、多くの料理人が苦労してきましたが、江戸時代に入り、漁師や料理人達の試行錯誤によって現在の料理方法が大成され、定着したと言われています。細かく骨切りしたハモを刺身や湯引き、ハモチリ、しゃぶしゃぶ等多彩にご賞味いただけます。

佐伯寿司

佐伯市

かつて「佐伯の殿様、浦でもつ」と称された程、海の幸が豊富な佐伯市。特に寿司が有名で、中心街には寿司屋が軒を連ねています。佐伯の寿司は通常のものよりネタが大きく、脂がのっているのが特徴。その旨さ、新鮮さは、訪れた観光客を驚かせます。近海で獲れる新鮮な魚介類だからこそ、プリプリとした歯ごたえや素材の味そのものをじっくりと味わうことがができます。

ふぐ料理

大分市 臼杵市

豊後水道で水揚げされるトラフグの刺身は、獲れ立てを調理するために弾力があり、薄引きではなく厚め。こりこりとした歯応えとつやつやの透明感を持ち、見た目にも美しくいただくことができます。是非、その味を引き立てる風味豊かな大分特産のカボス醤油でお召し上がりください。刺身以外にも、ふぐの唐揚げやふぐ雑炊などのメニューも人気です。

まぐろ料理

津久見市

日本有数のまぐろの遠洋漁業基地・保戸島がある津久見市では、新鮮で豪快なまぐろ料理を堪能することができます。ステーキやしゃぶしゃぶ、コロッケ等、普段なら肉料理として食べることの多いメニューが、ボリュームや栄養価、味のどれを取っても勝るとも劣らないまぐろ料理として提供されるのです。予約必須のかぶと焼きは、味はもちろん、その迫力も見事です!

くにさき姫だこ

国東市

潮流の激しい伊予灘一帯で、タコつぼを使って丁寧に水揚げされているくにさき姫だこは、活きの良さが自慢のマダコで、県内有数の漁獲量を誇っています。岩場にしがみつくため、足が太く短く、引き締まった身とぷりぷりの歯応え。なのに柔らかく、噛めば噛む程に甘みが広がる食感は、一度食べたら忘れられないおいしさです。刺身に唐揚げ、たこしゃぶにカレー等、メニューも豊富です。

くにさき銀たち

国東市

海の中で銀色にきらめく抜き身の刀のように美しい体を傷つけないために、国東の漁師は1本1本水揚げをする延縄漁でタチウオを獲ります。淡泊な白身魚でありながら、程よくのった脂と柔らかい身は味わい深く、地元でいただく新鮮さは格別です。刺身や寿司はもちろん、塩焼きや甘辛く煮付けてご飯に乗せた太刀重、太刀天丼などもおすすめです。

車えび

姫島村

活きの良さ、味などその品質が高く評価されるひめしま車えびは、塩田跡地を使った養殖場で育てられています。村内の旅館や飲食店には、様々な車えび料理がありますが、その旨味を直に味わうなら、やはり刺身がおすすめです。生きた車えびを新鮮なまま口に入れると、独特のねっとりとした甘味とプリプリの歯応えが癖になります。その他にも、塩焼きはアツアツのうちに殻ごとバリバリと、エビフライはまるごと1匹を豪快に!

エノハ料理

竹田市

水のきれいな川にしか生息しないエノハは、ヤマメの別名。竹田の名水で育ったエノハは川魚特有の臭みがない、奥深い味わいが多くの人に好まれています。皮がパリッとした塩焼きや美しいほのかな紅色のお刺身、酢でしめたせごし、カラリと揚がって頭からバリバリと食べる事ができるから揚げなどどれも絶品。その恵まれた気候と美しい自然のお蔭で、竹田では1年を通してエノハ料理を味わうことができます。

かぼすぶり・かぼすひらめ

佐伯市

大分特産の「かぼす」を餌に加えて育てた新しいブランドの魚です。ブリは抗酸化機能により鮮度が持続し、歯ごたえがよく、さっぱりした風味が特徴です。ひらめは肝の臭みが消え、エンガワがさっぱりしているのが特徴です。

岬ガザミ

豊後高田市

豊かな干潟が広がる香々地地域には、ガザミ(ワタリガニの一種)の好漁場が多く、そこで水揚げされるガザミのうち特に大きく品質が良いものを、「岬ガザミ」と呼んでいます。岬ガザミは、上品な甘みを持つおいしいカニです。オスはギッシリと身の詰まる夏(8月~10月)、メスは卵を抱える冬(11月~12月)が旬で、カニミソや内子も一緒に楽しめます。シンプルに塩茹でしたり、蒸して食べるのが簡単でおいしい食べ方です。

鮎料理

日田市

水郷日田とも呼ばれ、水に恵まれた日田の初夏の恵みと言えば鮎。塩焼きや甘露煮などでも楽しめる香り高い鮎は、夏から秋にかけての清流の恵みです。日田鮎やな場(7月中旬~11月上旬)では、三隈川を眺めながらのんびりと鮎料理を満喫できます。

伊勢えび

佐伯市

9月から3ヶ月間開催される「東九洲伊勢えび海道・伊勢えび祭り」なら、身が締まり、甘みと旨味が凝縮した伊勢えびづくしの料理を堪能できます。新鮮ピチピチの伊勢えびをご賞味ください。(出荷時期9月~5月)

Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.