観光スポット検索

お気に入りリスト

法心寺・空桑思索(くうそうしさく)の道

お気に入りに追加する
住所大分県大分市大字鶴崎354
お問い合わせ法心寺
097-522-1277
ホームページhttp://www.houshinji.com/top.htm
二次元バーコードバーコードを表示する
LINEで送る

紹介文

慶長6年(1601年)熊本の太守であった加藤清正公が建立した寺です。本殿には加藤氏歴代の位牌、宝物館には、清正公の遺品を残す由緒ある寺です。加藤清正公が慶長16年(1611年)に病死して以来、法要が行われるようになり、これが後の鶴崎の夏の風物詩「二十三夜祭」として、多くの人に親しまれています。清正公が地面に突きさした杖が大木となったと伝えられる「逆さ銀杏(いちょう)」が有名です。
法心寺から東、約400mのところに劔八幡宮があります。劔八幡宮へ行く途中には、幕末から明治初期にかけて活躍した鶴崎出身の儒学・教育者である毛利空桑の旧宅天勝堂や私塾知来館があることから、この道は「空桑思索の道」と呼ばれています。

周辺スポット

アイコンの説明・・・
自然景観自然景観
歴史・神社・仏閣歴史・神社・仏閣
温泉温泉
インフォメーションインフォメーション
芸術・文化・街並芸術・文化・街並
レジャー・体験レジャー・体験
テーマパークテーマパーク
物産・道の駅物産・道の駅
グルメ・飲食店グルメ・飲食店
Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.