旬の情報

2017年3月8日

上着を脱いで出かけよう!!☆★春の花巡りスポット★☆


暖かな春の陽気と一緒に、あちらこちらで咲き始める花々。
おんせん県おおいたには、ピンク、黄色、赤・・・とワクワクするような
色とりどりの花スポットがいっぱいです。
重いコートを脱ぎすてて、たくさんの花を見に出かけましょ♡


※花の開花状況は気候により前後する場合があります。
 また、入場料が必要な場所や営業時間が定められている場所も
 ありますので、お出かけ前には各問合せ先にご確認ください。

~エリア別 春の花情報~
■別府湾エリア(大分市・別府市・日出町)はこちら 
■やまなみエリア(由布市・九重町)はこちら 
■奥豊後エリア(竹田市・豊後大野市)はこちら
■宇佐・国東エリア(宇佐市・豊後高田市・国東市・杵築市)はこちら
■日豊海岸エリア(臼杵市・佐伯市・津久見市)はこちら 
■日田・耶馬エリア(日田市・中津市・玖珠町)はこちら


~ミヤマキリシマ情報~
■ミヤマキリシマ情報はこちら

~春のイベント情報~
■春の花にちなんだイベント情報はこちら
■大分県内の桜情報は以下PDFファイルをクリックしてください。
 ※大分県内の桜の名所一覧です。開花時期は気候により変動する場合があります。

吉野梅園(大分市)
豊後梅、青軸梅、白加賀、寒紅梅などの梅が約450本もある県内でも有数の梅の名所。憩いの場として多くの人たちから親しまれています。

【DATA】
・花の種類:梅(2月中旬~3月上旬)
・住所:大分市杉原537
・問合せ:097-537-5626(大分市商工農政部観光課)
・HPはこちら




 

鶴見岳(別府市)
標高1,375mの鶴見岳山上までを結ぶロープウェイに乗って空中散歩を楽しんだ後は、くじゅう連山や四国まで望む絶景に出会えます。四季折々の自然美が広がり、春には桜が楽しめます。

【DATA】
・花の種類:桜(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:別府市大字南立石字寒原10-7
・問合せ:0977-22-2278(別府ロープウェイ)
・HPはこちら




 

別府公園(別府市)
別府市の中心地に位置する公園。桜をはじめ、色とりどりのチューリップが咲きます。芝生広場や噴水もあるので、多くの人がのんびりお花見を楽しんでいます。

【DATA】
・花の種類:桜、チューリップほか(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:別府市野口原
・問合せ:0977-21-1111(別府市公園緑地課)
・HPはこちら




 

一心寺(大分市)
約2万坪の敷地に約800本のボタン桜が咲きほこり、境内を包み込みます。4月上旬から下旬にかけては、「桜祭り」が開催されます。

【DATA】
・花の種類:ボタン桜(見頃4月上旬~下旬)
・住所:大分市廻栖野1305
・問合せ:097-541-3029
・HPはこちら




 

西寒多神社(大分市)
西寒多のフジは樹齢450年を重ね、大分市指定天然記念物に指定されています。枝は約350㎡に広がっており、甘酸っぱい香りは訪れた人を魅了します。また、境内に続く神苑では樹齢500年の平戸ツツジも満開になります。

【DATA】
・花の種類:フジ(見頃4月中旬~5月上旬)
・住所:大分市寒田1644
・問合せ:097-569-4182
・HPはこちら




 

大神ファーム(日出町)
別府湾に面した広大な敷地内に、バラ&ハーブ園、レストラン、ドッグランなどを併設する施設。5月には、約400種類ものバラが咲き誇ります。

【DATA】
・花の種類:バラ(見頃5月)
・住所:日出町大神6025-1
・問合せ:0977-73-0012
・HPはこちら




 

由布院盆地(由布市)
雄大な由布岳の麓に咲く満開の菜の花と桜の並木道。川沿いの土手をのんびり散策するには、絶好のスポットです。

【DATA】
・花の種類:桜、菜の花(見頃3月中旬~4月中旬)
・住所:由布市湯布院町川南
・問合せ:097-582-1304(由布市商工観光課)
・HPはこちら




 

朝倉文夫記念館(豊後大野市)
日本近代彫刻界で活躍した朝倉文夫記念館の庭園には、桜やツツジ、珍しい墨染めの桜が咲きます。朝倉文夫氏の彫刻も展示されており、桜×アートの美しさを見ることができます。

【DATA】
・花の種類:桜、ツツジ(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:豊後大野市朝地町池田1587-11
・問合せ:0974-72-1300
・HPはこちら




 

岡城阯(竹田市)
標高325mの高さにそびえ立つ堅城。現在残されている城郭は本丸、二の丸、三の丸、西の丸などの主な曲輪(ルビ:くるわ)から成り、四季折々の美しい風景を望むことができます。

【DATA】
・花の種類:桜(3月下旬~4月上旬)
・住所:竹田市竹田2761
・問合せ:0974-63-1541
・HPはこちら




 

原尻の滝(豊後大野市)
4月上旬に開催される毎年恒例の「チューリップフェスタ」では、原尻の滝周辺が100種類40万本ものチューリップで彩られます。

【DATA】
・花の種類:チューリップ(見頃4月上旬)
・住所:豊後大野市緒方町原尻936-1
・問合せ:0974-42-2111(豊後大野市緒方支所)、0974-22-1001(豊後大野市商工観光課)
・HPはこちら




 

神角寺(豊後大野市)
樹齢100年以上、約400本あるシャクナゲが咲き誇ります。深紅や濃い桃色、淡いピンクと気品ある姿に多くの人が訪れています。

【DATA】
・花の種類:シャクナゲ(見頃4月上旬~下旬)
・住所:豊後大野市朝地町島田1354
・問合せ:0974-72-1111(豊後大野市朝地支所)
・HPはこちら




 

くじゅう花公園(竹田市)
22万㎡の敷地に春の花が咲き誇り、敷地全体に花のカーペットを敷き詰めたような美しい景色が広がります。特に5月中旬頃は一年で最も多くの種類の花が見られます。

【DATA】
・花の種類:チューリップ、ポピー、パンジー、ネモフィラなど
・住所:竹田市久住町大字久住4050
・問合せ:0974-76-1422
・HPはこちら




 

大分農業文化公園(杵築市)
中央にダム湖を臨む、120haある緑豊かな公園。敷地内には体験農園や物産館、研修施設などがあり、フラワーガーデンには季節ごとにさまざまな花が咲きます。

【DATA】
・花の種類:椿、桜ほか(見頃2月下旬~4月上旬)
・住所:杵築市山香町大字日指1-1
・問合せ:0977-28-7111
・HPはこちら




 

花とアートの岬 長崎鼻(豊後高田市)
美しい海をバックに、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスと季節の花が咲きます。その広さは九州最大級!周辺にはレストランや海水浴場、キャンプ場などもあります。

【DATA】
・花の種類:菜の花(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:豊後高田市見目4060
・問合せ:0978-54-2237(長崎鼻リゾートキャンプ場)、0978-54-2200(長崎鼻B・Kネット)
・HPはこちら




 

宇佐神宮(宇佐市)
宇佐神宮は、全国に4万社あまりある八幡社の総本宮。春には約500本のソメイヨシノが、夏には蓮の花が咲き誇り、四季折々の風情を楽しむことができます。

【DATA】
・花の種類:桜(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:宇佐市大字南宇佐2859
・問合せ:0978-37-0001
・HPはこちら




 

長安寺(豊後高田市)
“花の寺”として知られる長安寺。四季折々の花が境内を彩ります。、4~5月は淡いピンクのシャクナゲが見頃になります。

【DATA】
・花の種類:シャクナゲ(4月上旬~5月上旬)
・住所:豊後高田市加礼川635
・問合せ:0978-27-3842
・HPはこちら




 

千財農園(宇佐市)
お茶園に来た人を楽しませようと、盆栽1本から始めたフジ園。現在は、2,400坪もの広い藤棚に、約250本もの紫や白のフジが美しく垂れ下がります。風になびくその姿は風情いっぱいです。

【DATA】
・花の種類:フジ(見頃4月下旬~5月上旬)
・住所:宇佐市大字四日市4243
・問合せ:0978-33-2388
・HPはこちら




 

四浦半島(津久見市)
ひと足早く春が訪れる津久見市四浦半島。海岸線沿いに約4,000本の河津桜が点在しています。海の青と桜のピンクの色鮮やかなコントラストは必見です。

【DATA】
・花の種類:桜(見頃2月中旬~2月下旬)
・住所:津久見市四浦半島
・問合せ:0972-82-9521(津久見市観光協会)
・HPはこちら




 

臼杵公園(臼杵市)
臼杵城跡は現在臼杵公園として整備されており、2つの櫓と庭園の一部、石垣を残すほか、大砲のレプリカもあります。春には約1,000の桜が咲き誇る県南有数の花見スポットとして知られています。

【DATA】
・花の種類:桜(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:臼杵市臼杵丹生島91
・問合せ:0972-64-7130(臼杵市観光情報協会)
・HPはこちら




 

大岩周辺(臼杵市)
臼杵城址の南側の山腹にある大岩周辺は山桜が豊富で、標高も223mと低く、約30分ほどで登頂できます。山頂からは市街地や臼杵湾も一望でき、眼下に広がる山桜の眺めは絶景です。

【DATA】
・花の種類:山桜(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:臼杵市東海添
・問合せ:0972-63-1715(臼杵市観光交流プラザ)
・HPはこちら




 

吉四六ランド(臼杵市)
自然と歴史とロマンがあふれる約15万平方メートルの総合施設。春には樹齢約40年、2000本のソメイヨシノが咲き、県下有数の桜の名所として人気です。

【DATA】
・花の種類:桜(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:臼杵市野津町大字原326
・問合せ:0974-32-2270(野津中央公民館)
・HPはこちら




 

歴史と文学の道(佐伯市)
佐伯市中心部に位置する約700mに渡る「歴史と文学のみち」。石畳の道や白い壁の土塀など城下町の風情漂う道沿いに、美しい桜が咲きます。

【DATA】
・花の種類:桜(見頃4月上旬)
・住所:佐伯市大手町
・問合せ:0972-23-3400(佐伯市観光案内所)
・HPはこちら




 

仙崎つつじ公園(佐伯市)
自然群生のフジツツジが約5万本咲き誇ります。豊後水道と日向灘を一望できる展望台からの景色も必見です。

【DATA】
・花の種類:フジツツジ(見頃4月上旬~下旬)
・住所:佐伯市蒲江大字西野浦2110
・問合せ:0972-42-1112(佐伯市蒲江振興局)
・HPはこちら




 

おおくぼ台梅園(日田市)
「豊後・大山 ひびきの郷」に隣接する梅林で、8haの敷地に約6,000本の梅の木があります。毎年2月下旬~3月下旬にかけて「ふるや台梅園」と一緒に「日田おおやま梅まつり」が開催され、期間中はさまざまな催しが行われます。

【DATA】
・花の種類:梅(見頃2月下旬~3月下旬)
・住所:日田市大山町西大山4587
・問合せ:0973-52-3101(日田市大山振興局)




 

ふるや台梅園(日田市)
梅で有名な日田市大山町。県内でも屈指の梅のスポットで、4haの敷地に約3,000本の梅の木があります。毎年2月下旬~3月下旬にかけて「ふるや台梅園」と一緒に「日田おおやま梅まつり」が開催され、期間中はさまざまな催しが行われます。

【DATA】
・花の種類:梅(見頃2月下旬~3月上旬)
・住所:日田市大山町東大山
・問合せ:0973-52-3101(日田市大山振興局)




 

中津城(中津市)
豊臣秀吉より豊前6郡を拝領した黒田官兵衛が、山国川河口の地に築城したのが始まりとされている中津城。春には、美しい桜と勇壮な城の姿を見ることができます。

【DATA】
・花の種類:桜(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:中津市二ノ丁
・問合せ:0979-22-3651
・HPはこちら




 

二の丸公園(中津市)
中津城近くにある公園。春は約150本の桜が咲き、期間中はボンボリを灯して会場をライトアップしていますので、夜桜を楽しむこともできます。

【DATA】
・花の種類:桜(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:中津市姫路町1235−10
・問合せ:0979-22-1111(中津市観光課)
・HPはこちら





 

いいちこ日田蒸留所(日田市)
あの「いいちこ」の蒸留所。本格焼酎の製造から貯蔵までを無料で見学することができます。この敷地内にある200mに渡る桜並木が美しいと評判です。

【DATA】
・花の種類:桜(見頃3月下旬~4月上旬)
・住所:日田市西有田810-1
・問合せ:0973-25-5600
・HPはこちら




 

青の洞門(中津市)
名勝 耶馬溪を代表する景観「競秀峰(ルビ:きょうしゅうほう)」と、その裾野にある“恩讐の彼方に”のモデルともなった禅海和尚が掘りぬいた「青の洞門」。その対岸の田んぼには、青いネモフィラの花が一面に咲き、ブルーの世界が広がります。

【DATA】
・花の種類:ネモフィラ(見頃4月中旬~5月)
・住所:中津市本耶馬渓町曽木
・問合せ:0979-64-6565(中津耶馬渓観光協会)
・HPはこちら




 

ローズヒルあまがせ(日田市)
五馬高原の広い大地にあるローズガーデン。春はツルバラが見頃を迎え、施設全体がバラ色に染まります。隣接するふれあい広場には、たくさんの桜の花が咲き、お花見にもおすすめです。

【DATA】
・花の種類:バラ(見頃5月中旬)
・住所:日田市天瀬町五馬市2384-3
・問合せ:0973-57-8187
・HPはこちら




 

■ミヤマキリシマ
ミヤマキリシマは、九州各地の高原に自生するツツジの一種で、天然記念物に指定されています。見頃の時期には、山一面がピンク色に染まり、その素晴らしい光景を一目見ようと、県内外から多くの登山客が訪れます。見頃は5月下旬~6月中旬頃です。

阿蘇くじゅう国立公園
大分県のミヤマキリシマを代表するくじゅう連山。雄大な山を背景に、鮮やかなピンクと緑のコントラストが一面に広がります。

【DATA】
・住所:くじゅう連山(九重ICから九重登山口まで車で約30分)
・問合せ:0973-76-3150(九重町商工観光・自然環境課)
・HPはこちら




 

鶴見岳(つるみだけ)
鶴見山上駅周辺から頂上までの遊歩道沿いに山上一帯に5,000株群生しています。ロープウェイを利用できるので、登山が苦手な方も安心です。

【DATA】
・住所:鶴見岳(別府ICから別府ロープウェイまで車で約15分)
・問合せ:0977-22-2278(別府ロープウェイ)
・HPはこちら




 

経塚山(きょうづかやま)
県内でもっとも早い開花と言われる、ミヤマキリシマスポット。高山植物と言われるミヤマキリシマの中で、低地の標高610mでの群生を見ることができます。

【DATA】
・住所:経塚山(速見ICから経塚山登山口まで車で約10分)
・問合せ:0977-72-4255(日出町観光協会)
・HPはこちら




 

万年山(はねやま)
九州最大級のミヤマキリシマの群生地。各登山口から2時間程度で山頂へ行けるハイキングコースなので、気軽に登山気分が楽しめます。登山の装備でお出かけください。

【DATA】
・住所:万年山(玖珠ICから車で約45分)
・問合せ:0973-72-7153(玖珠町商工観光振興課)
・HPはこちら




 


■春のイベント情報はこちら

大分農業文化公園 椿まつり(杵築市)
屋内では約100品種、屋外では約400品種の椿が咲き誇っています。期間中には、様々なイベントも開催されます。詳しくは、HPをご覧ください。
【DATA】
・日程:開催中~4月2日(日)
・場所:大分農業文化公園(杵築市山香町大字日指1-1)
・料金:入園無料
・問い合わせ:0977-28-7111(大分農業文化公園)
・HPはこちら


森まちわらべ春まつり(玖珠町)
森町一帯に様々な時代のひな人形が並び、小さな城下町を散策しながら楽しむことが出来ます。 「わらべの館」や「酢屋の蔵(すやのくら)」では,“くすっ子の手作り雛と、折り紙がもてなすメルヘンの世界”を展開しています。多彩な折り紙作品や子供たちの作るかわいらしい雛飾りを見ることが出来ます。また、特別展として河谷(かわたに)家所蔵“おきあげ雛展”を開催します。また土・日・祝日は、スタンプラリーも開催されます。
【DATA】
・日程:3月11日(土)~20日(月・祝)
・場所:玖珠町わらべの館森町一帯
・問い合わせ:0973-72-6012(玖珠町わらべの館)
・HPはこちら


長崎鼻菜の花フェスタ(豊後高田市)
フォトコンテストや菜の花迷路など楽しい企画がもりだくさんです。約2000万本の菜の花が皆さんをお出迎えします。    
【DATA】
・日程:3月18日(土)~4月9日(日)
・場所:花とアートの岬長崎鼻(豊後高田市見目4060)
・問い合わせ:0978-54-2237(長崎鼻リゾートキャンプ場)
・HPはこちら


小平椿まつり(中津市)
境内には100本のやぶ椿があり、期間中は多くの人でにぎわいます。大分県の特別保護樹林に指定されています。    
【DATA】
・日程:3月18日(土)、19日(日)
・場所:小平遺跡公園 法華寺(中津市大字福島)
・問い合わせ:0979-22-1111(中津市観光推進課)
・HPはこちら


内山公園さくらまつり/真名野長者祭り(豊後大野市)
炭焼きを業としていた小五郎が、神のお告げで奈良の都から下がってきた玉津姫と夫婦になり、姫は醜いアザを小亀ケ渕で洗い落とし、二人は黄金を手にいれ、やがて小五郎は真名野長者といわれるようになりました。この真名野長者伝説をテーマに桜の名所「内山公園」で開催します。    
【DATA】
・日程:3月26日(日)
・場所:内山公園(豊後大野市三重町)
・問い合わせ:0974-22-1001(豊後大野市商工観光課)


つくみ山桜まつり(津久見市)
3月中旬頃から見頃を迎える青江ダム周辺の山桜。現在約5000本が周辺の山にあり、年によっては、青江ダム公園に植えられたソメイヨシノとの2つの桜の競演をみることができます。当日は駅伝大会やウォークラリーなどのお楽しみイベントが開催されます。
【DATA】
・日程:3月26日(日)
・場所:青江ダム周辺(津久見市大字上青江川内)
・問い合わせ:0972-82-9521(津久見市観光協会)


臼杵城址桜まつり(臼杵市)
臼杵城跡は大友宗麟によって築城され今年で460年を迎えます。約1000本のソメイヨシノに包み込まれ、各種ステージイベントや露店も出店されます。
【DATA】
・日程:3月31日(金)~4月9日(日)
・場所:臼杵公園ほか
・問い合わせ:0972-64-6080(臼杵市おもてなし観光課)



 
Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.