片岡辰市コレクションの精華ー竹田と松園、日本美術の雅びー

  • エリア: 大分市
  • ジャンル: 芸術・文化・街並
表示回数:1,194回    お気に入りに追加する
  • 展覧会フライヤー画像

    展覧会フライヤー画像

  • 竹内栖鳳《谿山紅葉》1912年 大分県立美術館

    竹内栖鳳《谿山紅葉》1912年 大分県立美術館

  • 上村松園《月蝕の宵》(左隻) 1916年 大分県立美術館

    上村松園《月蝕の宵》(左隻) 1916年 大分県立美術館

開催期間 2016年7月29日(金)~9月11日(日)
開催地 大分県立美術館OPAM(大分市寿町2番1号)
問い合わせ 大分県立美術館
097-533-4500
ホームページ http://www.opam.jp/exhibitions/detail/105
二次元バーコード バーコードを表示する
LINEで送る

紹介文

山口県の実業家片岡辰市(かたおかたついち)氏は、長年にわたって田能村竹田(たのむらちくでん)の作品や資料を中心に、周辺の南画家や文人の書画、さらには近代日本画の著名作家の作品を蒐集して、貴重なコレクションを形成してきました。このコレクションが大分県立美術館に収蔵されたことを機に、上村松園(うえむらしょうえん)の幻の名作《月蝕(げっしょく)の宵(よい)》をはじめ、田能村竹田、頼山陽(らいさんよう)、浦上玉堂(うらかみぎょくどう)、竹内栖鳳(たけうちせいほう)、橋本関雪(はしもとかんせつ)などによるコレクションの代表的な秀作の数々を紹介します。

周辺イベント

Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.