「おおいた竹田 城下町パスポート」片手に、竹田の魅力をとことん味わうレトロ旅へ

■この記事は2021年10月の情報です。
■この記事は2021年10月の情報です。
「城下町の非日常な空間が好き」。
そんな人には、ロマン溢れる歴史とダイナミックな自然、おいしいグルメがぎゅっと詰まった竹田市がぴったり。
せっかくなら「おおいた竹田 城下町パスポート」を購入して、城下町散策をお得に楽しみませんか?

 

「おおいた竹田 城下町パスポート」とは・・・

「歴史文化館・由学館」、「岡城跡」、「竹田温泉 花水月」、「瀧廉太郎記念館」、「佐藤義美記念館」の5カ所の文化施設に加えて、30を超える店舗のサービス特典がセットになったお得なパスポート!
5施設全館に入場すると、通常計1900円の入館料が、なんと800円で楽しめるんです!ものすごくお得じゃないですか?
5施設どこでも買うことができるし、2日間有効可能なので、時間をかけてじっくり回れます。
竹田の城下町散策にはもってこいのパスポートです☆

 

まずは老舗のお饅頭屋さんでエネチャージ!

旅の始まりは、レトロな雰囲気が可愛い老舗の和菓子屋さん『生長堂』の竹田名物「はら太餅」で腹ごしらえ!
みなさん、「はら太餅」って知ってますか? 
竹田の人なら誰もが知っているこの「はら太餅」は、竹田・直入地方に古くから伝わる素朴な和菓子で、昔ながらの製法を受け継いで作られています。優しい甘さのあんこから小豆の豊かな風味を感じられて、薄い皮の独特な食感がクセになる美味しさ!
1つ120円で、この日もお店には「はら太餅」を求めて、地元の人がひっきりなしに訪れていましたよ。
昔、これを食べた殿様が「腹が太った」と喜んだことから名前の付いたといわれるだけあって、小腹もイイ感じに満たされました。


■生長堂(せいちょうどう) 本町店 
住所:竹田市竹田町386
電話:0974-63-3922
営:9:00~17:00
休:木曜
P:なし※近隣の有料P利用
HPはこちら
MAPはこちら

 

さっそく「おおいた竹田 城下町パスポート」をゲット!

「おおいた竹田 城下町パスポート」は、利用できる文化施設(5カ所)ならどこでも購入できるけど、まずは展示や動画などを通して竹田の歴史や文化を学べる『竹田市歴史文化館・由学館』から旅をスタートさせるのがオススメです。
『生長堂』から本町通りを真っ直ぐ歩いた場所にありますよ。
2020年にリニューアルしたここは、『国立競技場』を手掛けたことでも知られる世界的建築家・隈研吾さん設計というから驚き!

 
早速受付で「おおいた竹田 城下町パスポート」を購入しましょう!
このパスポート一つで、文化施設をはじめ、土産物店や飲食店などの協賛店でさまざまなサービスが受けられます。

 
広々とした館内には、岡城のジオラマや竹田市ゆかりの文人画家・田能村竹田の作品等を展示。竹田市の歴史と文化にちなんだ特別展や企画展なども開催されています。
また大画面では、マンガ『豊後岡城物語』をベースに岡城の歴史を紹介する動画が流れているので、これから訪れる『岡城跡』に向けてぐっと気持ちが入ります…。
岡城の全貌が分かるジオラマもあるので、岡城に訪れる前にぜひチェックしてくださいね!

 
また、隣接する『旧竹田荘』にも入ることができます。
『旧竹田荘』田能村竹田の邸宅で、現存する武家屋敷で公開しているのはここだけで、国史跡に指定されています。
当時の面影随所に感じられるので、ぜひ、忘れずに立ち寄ってくださいね。


■歴史文化館・由学館
住所:竹田市竹田2083
電話:0974-63-2200
営:9:00~17:00※最終入場は16:30まで
休:木曜※祝日の場合は営業、翌日休み
P:13台
HPはこちら
MAPはこちら

 

難攻不落の城をARアプリで体感!

城下町から車で約5分、難攻不落の名城として知られる『岡城跡』に到着しました。
『岡城跡』は文治元年(1185年)に緒方三郎惟栄によって築城されたと伝えられていて、国の史跡に指定されています。
現在残されている城郭は、初代藩主中川秀成によって築城されたもので、本丸、二の丸、三の丸、西の丸などの主な曲輪から成っています。
城の形が牛の寝ている姿に似ていたことから別名「臥牛城」とも呼ばれており、本丸からくじゅう連山、近戸門からは阿蘇山と城下町を一望できます。
また二の丸には、朝倉文夫作の瀧廉太郎像があります。

 
そんな歴史深い『岡城跡』のおすすめの楽しみ方がスマートフォンアプリ「岡城時空散歩」です!
このアプリをダウンロードして城内28カ所にある見どころポイントの看板を読み取ると、江戸時代の岡城の姿を復元したCG画像が見られたり、各スポットの歴史や役割を解説した音声ガイドを聞くことができます。
スマホ画面に映し出される景色は、かつて先人たちが岡城から見下ろしていたそれと同じかもしれない、、、と考えると、なんともロマンティックじゃないですか。
無料で利用できるアプリなので、ぜひ試してみてくださいね。


■岡城跡
住所:竹田市竹田2889
電話:0974-63-1541
営:9:00~17:00
休:なし(年末年始12/31~1/3は休み)
P:あり
HPはこちら
MAPはこちら

スマートフォンアプリ「岡城時空散歩」の情報はこちら
 

素材の魅力を引き出した華やかなランチ

『岡城跡』をたっぷり散策してお腹が空いたので、ランチができるお店を求めて再び城下町へ。
てくてく歩いていると、街角に佇む素敵な古民家を発見!
入口の黒板メニューに惹かれて入店すると、とってもお洒落な空間が広がっていました。
ここは、店主・松岡可奈さんの「地元野菜の可能性を楽しんでもらいたい」という思いから生まれたお店で、採れたて新鮮な野菜を使った手作りの料理が味わえます。

 
料理が運ばれるたびに、「わあ!」と声をあげてしまいそうなランチは、華やかな盛り付けはもちろん、一品一品から丁寧な仕事を感じさせます。
写真は「Cコース(パスタ・フォカッチャ・前菜5種盛り)」1650円~と、「本日のデザート」440円。
ランチやスイーツは、季節によって内容が変わります。
お店は、店主の松岡可奈さんが1人で営業しているので、時間には余裕をもって訪れて。
「おおいた竹田 城下町パスポート」を提示すれば、食事をした人にドリンク1杯がサービスされます☆


■kana’s kitchen at RecaD(カナズキッチンアットリカド)
住所:竹田市竹田町498
電話:0974-62-2636(Osteria e Bar RecaD)
営:11:30~14:00、金・土曜11:30~14:00/18:30~22:00
休:月・火曜
P:なし
Instagramはこちら
MAPはこちら

 

2人の文化人に想いを馳せる

竹田のグルメを存分に味わったことだし、城下町散策を続けましょう。
まずは『kana’s kitchen』から徒歩3分ほどの場所にある『瀧廉太郎記念館』へ。
館内には直筆の譜面や写真、手紙などの貴重な資料が展示されていて、彼の人物像や音楽家としての歩みを辿ることができました。
風情ある邸宅は、廉太郎が12歳からの約2年間を過ごしたそう。
彼はここで何を思い、過ごしたのか…
縁側に腰を下ろして耳を澄ませると、竹林が風に揺れる音や水滴が井戸に落ちる音などが聞こえてきます。
これは、彼が聞いていたであろう“音”を追体験できるように工夫を凝らしたのだそう。


■瀧廉太郎記念館
住所:竹田市竹田2120-1
電話:0974-63-0559
営:9:00~17:00(最終入館16:30)
休:なし(年末年始12/29~1/3は休み)
P:なし※城下町交流プラザP利用
HPはこちら
MAPはこちら
大正ロマン溢れる木造の建物。
ここは童謡「いぬのおまわりさん」など、多くの童謡童話を書いたことで知られる佐藤義美の記念館です。
彼が晩年を過ごした神奈川県逗子の洋館を模していて、自筆の原稿、愛用したペン、自作の童話や詩が掲載された雑誌などが展示されていました。


■佐藤義美記念館
住所:竹田市竹田1735
電話:0974-63-2650
営:9:00~17:00(最終入館16:30)
休:月曜※祝日の場合は翌日休み(年末年始12/29~1/3は休み)
P:あり
HPはこちら
MAPはこちら

竹田市に縁のある2人の文化人が、ここでどのように過ごし、何を感じてきたのか。
当時に想いを馳せてみると、竹田の歴史・文化の豊かさを垣間見ることができました。

 

旅の締めくくりは温泉で癒やされる

たくさん歩き回って、時はもう夕暮れ。
散策で疲れた身体を癒すには、やっぱり温泉!ですね。
風情ある唐破風造りの建物が印象的な『竹田温泉 花水月』でも、「おおいた竹田 城下町パスポート」が使えますよ☆
ここの温泉は、日本で初めての『マイナスイオン』還元浴槽を導入していて、美肌の湯としても人気なんです♪
浴室は日替わりの男女交代制で、この日の女湯は『白水ダム』をイメージした大浴場がある「花の湯」でした。
広々とした温泉でゆったり足を伸ばして、体の芯まで温まることができました。


■竹田温泉 花水月(はなみづき)
住所:竹田市会々2250-1
電話:0974-64-1126
営:11:00~21:30(入館は21:00まで)
休:木曜
P:97台
料金:500円、小学生200円、6歳未満無料
泉質:ナトリウム-塩化物泉
効能:神経痛、慢性婦人病、慢性皮膚病など
HPはこちら
MAPはこちら

 

いかがでしたか。「おおいた竹田 城下町パスポート」
市内5施設の入場と30を超える店舗のサービス特典が付くなんて、とってもお得ですよね!
歴史ある文化施設を巡ったり、こだわりのグルメを楽しんだり、温泉にゆったり浸かったり・・・。
クーポン対象施設がたくさんあるので、大満喫できました。
みなさんもぜひ、パスポートをゲットして、城下町竹田散策を楽しんでくださいね。

 

■おおいた竹田 城下町パスポート 800円(小・中学生500円)

期間:~2022/3/31
竹田の城下町散策にもってこいのパスポート。
「歴史文化館・由学館」、「岡城跡」、「竹田温泉 花水月」、「瀧廉太郎記念館」、「佐藤義美記念館」の5カ所の文化施設に加えて、30を超える店舗のサービス特典がセットになっています!
5施設全館に入場すると、なんと通常計1900円の入館料が800円で楽しめて、とってもお得です☆
5施設どこでも買うことができて、2日間有効可能なので、時間をかけてじっくり回れるのも嬉しいですね。
問い合わせは竹田市商工観光課(0974-63-4807)まで

 

テッパンおおいたツアー情報(^o^)/

テッパンおおいたでも「おおいた竹田 城下町パスポート」がご購入いただけます!
「おおいた竹田 城下町パスポート」
ぜひ、チェックしてみてくださいね!