モデルコース Model Course

パワースポットと自然景観コース(宇佐市・中津市)

歴史ある地を巡った後は、景観美が楽しめるスポットへ。
「青の洞門」や「一目八景」など素晴らしい景勝地のある耶馬溪は、秋の紅葉シーズンには多くの観光客が訪れます。

コース内容

1. 安心院(あじむ)葡萄酒工房

2. 宇佐神宮

3. 中津城(奥平家歴史資料館)

4. 青の洞門

5. 一目八景(ひとめはっけい)

コース日程

START
1

安心院(あじむ)葡萄酒工房

安心院葡萄酒工房は、安心院で収穫された良質のブドウから芳醇なワインを醸す杜のワイナリーです。
緑あふれる園内には醸造酒、貯蔵庫、ぶどう畑、ショップなどがあり、園内の散策から醸造工程の見学はもちろん、ワインの試飲も無料で楽しめます。
また、喫茶コーナーでは、ブランデーソフト、コーヒー、ジュース等を飲むことができます。
(2021.3)

2

宇佐神宮

宇佐神宮は全国4万余社の八幡社の総本宮として、全国的に知られており、毎年多くの参拝者が訪れます。
725年(神亀2)応神天皇の御神霊、八幡大神を祭る本殿の一之御殿が創建されたことが始まりと伝わっています。その他、二之御殿に比売大神(ひめのおおかみ)、三之御殿に神功皇后がご祭神として祀られており、国東半島に広がる神仏習合の山岳信仰・六郷満山文化と深い関わりを持っています。
太古からの原生林に囲まれた広大な境内は澄んだ空気に包まれ、八幡造の3棟の本殿(国宝)をはじめ、神橋、呉橋(くれはし)、能楽殿、宝物殿など、歴史的・文化的に貴重な建築物が立ち並びます。
また、春には約500本のソメイヨシノが、夏には蓮の花が咲き誇り、四季折々の風情を楽しむことができます。

【モノレールのご案内】
体の不自由な方・高齢の方・ベビーカーのご家族様により良いご参拝が出来ますようにモノレールの運行を行っています。また車イスの貸出(予約制)も行っております。台数に限りがありますので、ご希望の方はお問い合わせください。
(2021.3)

3

中津城(奥平家歴史資料館)

中津城は、豊臣秀吉より豊前6郡を拝領した黒田官兵衛(のちの如水)が、山国川(当時高瀬川)河口の地に築城したのが始まりです。城郭の形が扇の形をしていたことから「扇城」とも呼ばれていました。
現在の天守閣は、昭和39年に建設されたもので、城内には最後の藩主・奥平家の衣装、刀剣、陣道具、古絵図、古文書など興味深い資料が展示され、一般に公開されています。
また、かつて城下町として栄えた名残が、随所に残っています。中津市内の金谷町や仲間町、寺町、そして鷹匠町などに土塀や白壁、格子戸などが残り、往時の様子をほのかにうかがわせています

4

青の洞門

菊池寛の小説「恩讐の彼方に」で全国的に知られた”青の洞門”は、山国川に面してそそり立つ競秀峰の裾にあるトンネルです。
江戸時代、諸国遍歴の旅の途中この地を訪れた禅海和尚が、鎖渡しと呼ばれる難所で命を落とす人馬を見て、洞門開削工事に取り掛かり、約30年の歳月をかけて明和元年(1764年)に完成したものです。ノミと槌だけで掘り抜いた隧道の長さは約342メートル、うちトンネル部分の延長が約144メートルあります。
現在の洞門は、当時からはかなり変化しているものの、一部に明かり取り窓やノミの跡が残っており、禅海和尚の不屈の精神が偲ばれます。
紅葉の名所としても知られ、シーズンになると多くの人で賑わいます。

5

一目八景(ひとめはっけい)

名勝・耶馬溪の中でも特に風光明媚と称され、とりわけ山国川の支流、山移川に沿った景勝地は、一度に海望嶺、仙人岩、嘯猿山、夫婦岩、群猿山、烏帽子岩、雄鹿長尾嶺、鷲の巣山の八つの景色が眺望できることから「一目八景(ひとめはっけい)」の名がついています。
紅葉の季節には渓流や岩肌が赤や黄色で彩られ、多くの人で賑わいます。

ルートマップ

toptop