モデルコース Model Course

気分爽快!自然を満喫する旅(竹田市・九重町)

気持ちも心もリフレッシュするには、やっぱり自然に触れるのが一番!
豊かな自然に囲まれた大分県には、気分爽快になれるスポットがいっぱいあります。
ストレス発散の旅に、出かけませんか。

コース内容

1. くじゅう花公園

2. 九重やまなみ牧場

3. タデ原湿原

4. 九重“夢”温泉郷

5. エルランチョグランデ

6. 九重“夢”大吊橋

コース日程

START
1

くじゅう花公園

阿蘇くじゅう国立公園の標高850mの位置にあり、年間を通して500種類500万本が咲く西日本最大級の癒しの花畑。
園内にはレストランやジェラート屋さん、雑貨屋さん、体験工房などショップも充実しています。
(2020.4)

2

九重やまなみ牧場

やまなみハイウェイ沿いにある「九重やまなみ牧場」は、飯田高原の大自然に抱かれた絶好のロケーションに位置しています。
動物とのふれあいをテーマにした「ふれあい広場」には、ポニーやヒツジ、ウサギやアヒルなどが放し飼いにされており、動物の生活を間近に観察できるほか、直接触ることもできます。農業体験も実施しており、ブルーベリー摘み取り体験やバターづくり、パンづくり体験などを楽しむことができます。敷地内にあるレストランでは、地鶏や豊後牛をはじめ、九重町の食材を使ったさまざまなメニューを揃えています。
また、隣接する「まきばの温泉館」では、高原のおいしい空気と青空の下で楽しむ露天風呂やサウナも満喫できます。

3

タデ原湿原

阿蘇くじゅう国立公園内にあり、中間湿原の代表例とされています。
平成17年に坊ヶツルと共に県内初のラムサール条約に登録されました。
飯田高原の長者原標高1,000mの位置にあり、中間湿原としては国内最大級の面積を誇ります。
マスガヤ、ミズゴケなど貴重な湿原植物が群生しており、野焼きにより湿原の維持が継続されてきました。
木道の散策道が整備されており、四季折々の植物が見られ、「九重の自然を守る会」のメンバーにより自然観察会も行われています。
(2021.7)

4

九重“夢”温泉郷

平成19年10月、九重町の温泉をより多くの人に親しんでもらえるよう、温泉郷の名前を公募し名付けられた「九重”夢”温泉郷」。温泉郷には、筋湯温泉、宝泉寺温泉、壁湯温泉、川底温泉、湯坪温泉、長者原温泉、寒の地獄温泉、筌の口温泉、龍門温泉、馬子草温泉、九酔渓温泉、水分温泉などがあり、それぞれ泉質や効能が異なる個性豊かな湯が町内随所に点在しています。各温泉の詳細については、キーワード検索でチェックを。また、ホームページでは周辺の観光案内も紹介しているので一緒に見てみて!毎年9月9日には“夢”温泉郷の協賛施設で無料で入浴ができるイベント(※無料入浴可能の時間帯あり)も開催しています。

5

エルランチョグランデ

緑の美しい丘陵が広がる飯田高原で、気軽に乗馬体験が楽しめる「エルランチョグランデ」。
乗馬と言うと難しそうなイメージですが、スタッフが丁寧に指導をしてくれるので、全くの初心者でも安心して楽しむことができます。
コースは、初心者向けの引き馬から、上級者向けの高原遠乗りまでさまざま。心地よい風を受けながら、馬に乗って高原を走ると、まるで映画のワンシーンに入り込んだかのような感動を体験できること間違いなしです!
夏休みと冬休みには、乗馬体験や田舎暮らしを満喫できる滞在型の乗馬学校も開校しています。

6

九重“夢”大吊橋

標高777mの大パノラマ。
九重町にある「九重“夢”大吊橋」は、高さ173m、全長390mの歩道専用としては「日本一の高さ」を誇る吊り橋です。
橋の上から見る眺めは壮観で、日本の滝百選の1つ「震動の滝」や、新緑と紅葉の名所「九酔渓」を望むことができます。特に秋は紅葉の新名所として、見頃を迎える11月上旬には多くの観光客で賑わいます。

ルートマップ

toptop