冬旅 vol.1

冬は、普段よりもリーズナブルな価格でラウンドができるゴルフ場も多くなるシーズン。おんせん県おおいたには、冷えた身体を温めてくれる温泉も充実していますし、冬は臼杵のふぐや杵築の真牡蠣など大分の名産品が旬を迎える季節です。旨い地酒を作る蔵元にもぜひ足を延ばしてほしいところ。ゴルフと一緒に楽しみたい冬ならではのスポットをご紹介します。

国宝、ふぐ、温泉まで、城下町臼杵の魅力満喫ゴルフ旅

臼杵市

臼杵カントリークラブ(うすき)

プロのツアーも開催される景観豊かな本格コース

三井不動産グループの九州唯一のゴルフ場。各種大会や、毎年4月に「LPGAステップ・アップ・ツアーフンドーキンレディース」が開催される本格コースです。自然を生かした景観豊かなセパレートコースは手入れが行き届き、要所要所の池やバンカーなど戦略性の高さも魅力。谷越えの5番ホールや、右に90度曲がる14番ホールが名物コースです。ティの位置が高いため、目標がとりやすく攻めやすい反面、砲台グリーンが多く、正確に距離をつかむことが攻略のポイント。

住所 大分県臼杵市吉小野2950-1
電話 0972-65-3131
時間 8:00〜16:30
アクセス 大分自動車道 臼杵ICより車で15分
駐車場 150台
ホームページ https://usukicc.co.jp/
フェイスブック https://www.facebook.com/usukicc/

臼杵市

臼杵 湯の里(うすき ゆのさと)

地下1300mからくみ上げる泉質抜群のトロトロ湯

臼杵ICから車で5分。『国宝 臼杵石仏』へもほど近い場所にある温泉宿。宿の自慢でもある地下1300mからくみ上げる温泉『薬師の湯』はアルカリ性を示すpHが8.3のトロトロ湯。内湯、露天風呂の他に4つの家族風呂もあり、宿泊者は1時間無料で使うことができるうれしいサービスも。広い施設内には、オーナーが私財を投じて建てた仏堂があり、およそ70体の仏様が安置されています。見学は自由なので、パワーをもらいに足を運んでみては。

住所 大分県臼杵市深田字中対田12組
電話 0972-65-3711
時間 立ち寄り湯 10:00〜22:00、土日祝前日〜23:00
アクセス 大分自動車道 臼杵ICより車で5分
駐車場 150台
ホームページ https://usuki-yunosato.com/
インスタグラム https://www.instagram.com/usuki_yunosato_official/

臼杵市

ふぐ料理専門店 ふくまさ

臼杵名物、厚引きのトラフグを思う存分コースで

臼杵は、山口県下関と並ぶトラフグの一大産地。創業27年の『ふくまさ』は、全国から客が訪れる老舗のふぐ料理専門店です。「臼杵のふぐは水揚げしてから寝かさず、すぐに刺身にするのが特長です。活ふぐは身が引き締まり薄引きができないため、刺身は通常の2倍位の厚さになります」と店主の陶山さん。その厚引きの刺身こそ新鮮さの証しであり、独特の歯ごたえと旨味が臼杵のふぐが “絶品”といわれるゆえん。刺身、寿司、唐揚げ、鍋に白子が加わる1月、2月もオススメ。

住所 大分県臼杵市塩田5組
電話 0972-63-0978
時間 12:00〜15:00 17:00〜21:00 ※前日まで要予約
定休日 不定休
アクセス 大分自動車道 臼杵ICより車で10分
駐車場 7台
ホームページ http://hukumasa.com/

臼杵市

国宝 臼杵石仏 (うすきせきぶつ)

千年の時を越えて見守り続ける 61体の石仏群

岩壁に彫られた仏像を「磨崖仏」と呼び、全国の磨崖仏のうち6〜7割が大分県に集中しているといわれています。臼杵石仏は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻され、磨崖仏として全国で初めて国宝に指定されました。しかし、誰がどのような目的で造立したかなどいまだ多くの謎が残されています。キリっと端正な顔立ちの古園石仏や、童顔でかわいらしい山王山石仏など、個性派揃いの仏様たち。すがすがしい空気が流れる森で千年という時の長さに思いを馳せる時間も旅の思い出になるはずです。

住所 大分県臼杵市深田804-1
電話 0972-65-3300
時間 9:00〜17:00(最終入館16:30)

定休日 なし
アクセス 大分自動車道 臼杵ICより車で5分
駐車場 100台
ホームページ https://sekibutsu.com/

内陸 豊後大野から絶品の寿司を求めて佐伯を巡るゴルフ旅

豊後大野市

三重カントリークラブ (みえ)

名峰に囲まれたダイナミックさが魅力のゴルフコース

阿蘇、くじゅう連山を望み、祖母山を背にダイナミックに展開する18ホールが魅力のゴルフクラブです。フラットでOBが少なく、思いっきりドライバーが振れると、初心者や女性、シニアにも人気です。アウトは距離が比較的短めの立体的なホールが多い反面、インは変化に富んだホールが続き、中でも16番ホールの池越えや、17番ホールの635ヤードのロングホールは攻略しがいのある名物ホールとして親しまれています。

住所 大分県豊後大野市三重町菅生552
電話 0974-22-3030
時間 8:00〜17:00
アクセス 大分自動車道 米良ICより車で40分
駐車場 150台
ホームページ http://mie-cc.com/

佐伯市

道の駅やよい やよいの湯

お風呂も物産館も水族館も!全国でも珍しい道の駅

道の駅やよい内にある『やよいの湯』は佐伯市内最大級の温浴施設。2022年1月には、フィンランド式のロウリュサウナが導入され、現在サウナーからの評価も上昇中!併設の物産館には、佐伯の山海の幸が並び、目移りするほど豊富な品揃えは、観光客のみならず地元の方の生活拠点にもなっています。ホタルの名所として知られる九州屈指の清流、番匠川を再現した『番匠おさかな館』もあり、佐伯の豊かな自然を観察することができます。

住所 大分県佐伯市弥生上小倉898-1
電話 (やよいの湯)0972-46-5841 (物産館ぴかいち)0972-46-5951
時間 (やよいの湯)10:00〜21:00(最終受付20:20)
(物産館ぴかいち)8:30〜17:30
定休日 (やよいの湯)毎月第2火曜
アクセス 大分自動車道 佐伯ICより車で10分
駐車場 197台
ホームページ https://www.michinoeki-yayoi.com/

佐伯市

福寿司 

創業51年 魚にうるさい地元漁師もうなる匠の寿司

270kmにも及ぶリアス式海岸と海流に恵まれ、大分県随一の漁獲量を誇る佐伯市。中でも、佐伯の寿司は「北の小樽、南の佐伯」と称されるほど職人の技術が高いと評判です。その佐伯で創業51年目を迎える『福寿司』で腕をふるうのは、髙橋富重さんと息子の勇二さん。「寿司は手で食べた方がおいしいから」とカウンターには手を洗う流しがあり、遠慮なく手で寿司をつまめるのもうれしいところ。地元漁師をもうならせ惹きつける匠の技が光る寿司は、一貫一貫味わいながらどうぞ。

住所 大分県佐伯市中村東町4-11
電話 0972-23-1806
時間 11:00〜14:00 17:00〜21:00
定休日 日曜、月に1回月曜休み
アクセス 大分自動車道 佐伯ICより車で10分
駐車場 2台

別府市

冬旅vol1の3コース目はこちら>>湯の町 別府でゴルフを楽しみ、小京都 杵築を巡る旅

別府市は山肌が美しい扇山の麓、抜群のアクセスの良さと、晴れた日には四国まで見える絶好のロケーション。杵築の冬といえば、“極上”と評判の真牡蠣。

別府市と杵築市は隣同士、近場で山々の美しさ、温泉、海の幸が楽しめます。

冬旅vol1の3コース目はこちらからご覧ください>>湯の町 別府でゴルフを楽しみ、小京都 杵築を巡る旅

住所 別府市