特集

県北エリア

渡来の文化と土着の文化が混じり合うことで、独自の文化が育まれてきた大分県国東半島。 
この場所で、アーティストの持つ新しい感性やものの見方と、国東半島の土地の力や歴史・文化が出会うことで、この場所でしか観賞・体験することのできない作品を生み出している。

「国東半島芸術祭」の終了後も、作品が展示されています。ぜひご覧ください。

サイトスペシフィックプロジェクト
= ある特定の場所のために制作された作品
☆千燈(せんとう)プロジェクト
☆香々地(かかぢ)プロジェクト
☆並石(なめし)プロジェクト
☆真玉(またま)プロジェクト 「チームラボギャラリー真玉海岸」
☆岐部(きべ)プロジェクト
☆成仏(じょうぶつ)プロジェクト
国東半島の歴史性や文化を体感できる6つのエリアで展開されている。
※写真:千燈プロジェクト
(参加アーティスト:アントニー・ゴームリーの作品)
場所:不動茶屋(国東市国見町千燈)より徒歩約10分

★★★★★★★★ ひとことコラム ★★★★★★★★

『国東半島峯道ロングトレイル』

国東半島で古くから行われてきた六郷満山峯入行(ろくごうまんざんみねいりぎょう)のコースをベースに、トレッキングやウォーキングの醍醐味を味わうことができます。
世界農業遺産にも認定されたこの地域には、豊かな自然だけではなく、何世紀にもわたる伝統的な農業が形づくった文化や景観、環境や自然条件を受け入れ適応してきた先人の知恵を見ることができます。
お問い合わせ先:
「国東半島峯道トレイルクラブ」で検索!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

各プロジェクト内容による
豊後高田市・国東市 各所
各プロジェクト内容による
豊後高田市観光協会 0978-23-1860  国東市観光協会 0978-72-5168

国東六郷満山(くにさきろくごうまんざん)の総持院として栄えた両子寺には、境内の至るところにカエデの巨木が鎮座している。
晴れた日でも雫が落ちるといわれる『しぐれ紅葉』は両子寺の七不思議のひとつに数えられている。
例年の紅葉見ごろ:11月中旬~下旬

8:00~17:00(3月~11月)
/8:30~16:30(12月~2月)
国東市安岐町両子1548
大分空港より車 約35分
/JR杵築駅より車 約50分
両子寺 0978-65-0253

国東半島のほぼ真ん中に位置する国見温泉 あかねの郷。開放感あふれる露天風呂では六郷満山の四季折々の景色を眺めながら入ることができる。

11:00~21:00 ※不定休
400円(大人)/200円(中学生以下)
国東市国見町赤根2064-3
大分空港より車 約50分
/宇佐ICより車 約55分
国見温泉 あかねの郷 0978-82-1571

約130年前に建てられた木造3階建てを修復した日本家屋の店内には、時期に応じて様々な作品展示が行われるオーナー・女性表具師のギャラリー兼カフェ。
同敷地内の茶房さんがいやでは、枯山水の庭を観賞しながら国東市特産品の『たこめし』や『野立てコーヒー』を楽しむことができる。

9:00~17:00 
※火曜定休日(祝日の場合は開館)
国東市国見町伊美2017
大分空港より車 約50分
涛音寮 茶房さんがいや 0978-82-1328

朝地に生まれ、東京で活躍した彫塑家・朝倉文夫。
故郷の自然の中で作品を見てほしいという思いを没後30年かけて地元の人たちが叶えた記念館。
また敷地内庭園には、「大分アジア彫刻展」の入賞作品が点在しており自然に囲まれた公園内を散策するように巨大な作品群をゆっくりと観賞できる。

【朝倉文夫氏とは…】
豊後大野市生まれの彫塑家。
「自然主義的写実主義(あるがままの姿をそのままつくる)」という作風で多くの作品を作り、近代 日本彫刻の基礎をつくったといわれている。代表作は、墓の番人のありのままの姿を模した『墓守』ほか、岡城阯敷地内にある『瀧廉太郎像』や朝倉本人が大好きだった猫の動物像は生涯約50体の作品を世に送り出している。

★ポルチコポピリンとUFO秘密基地
(アーティスト:大分アジア彫刻展受賞作家 サバコさん)

9:00~16:30 ※月曜日休館(祝祭日の場合、翌日)
500円(一般)/200円(小中高生)
JR朝地駅より車 約10分/大分米良ICより 車 約60分
豊後大野市朝地町池田1587−11
朝倉文夫記念館 0974-72-1300

元岡藩家老の別荘地だった庭園。庭園内には2つの池があり、それを中心に500本を越える紅葉樹が秋になるとまばゆいほどの赤や黄色に彩られる。
例年11月「もみじ祭り」が催され、曜日限定で日没~20時までライトアップされた幻想的な紅葉を楽しむことができる。
例年の紅葉見ごろ:11月中旬~下旬

豊後大野市朝地町上尾塚
JR朝地駅より車 約6分
豊後大野市朝地支所 0974-72-1111

九州オルレの1つ、奥豊後(竹田市・豊後大野市)の山里を巡り歴史を偲びながら自然を五感で味わえるコース。 紅葉名所の用作公園や岡城阯、日本最大級の不動明王が有名な普光寺・趣のある城下町竹田の町並みを楽しめる中級コース(11.8キロ)です。
その他、大分県内には阿蘇くじゅう国立公園内の自然を全身で感じとることができる《九重・やまなみコース》(12.2キロ)、由布岳、鶴見岳を望む別府市の自然を満喫する《別府コース》(11キロ)もあります。

九州オルレ《奥豊後コース》スタート地点=JR朝地駅:豊後大野市朝地町坪泉
九州オルレ《奥豊後コース》スタート地点=JR朝地駅までJR大分駅より電車 約75分
九州オルレ《奥豊後コース》について…
一般社団法人ぶんご大野里の旅公社 
0974-35-3601
竹田市観光ツーリズム協会 
0974-63-0585
県内のオルレについて
ツーリズムおおいた 
0977-26-6250


3
Copyright ツーリズムおおいた All Rights Reserved.